ブログランキング

↑ブログランキングに参加しています。一日一回、ぽちっと2つのバナーを押して応援してくださると嬉しいです♪
おきてがみ

プロフィール

3ポメママ

Author:3ポメママ
ご訪問ありがとうございます。

訪問履歴やコメントを残してくださった方のページには遊びに行かせてもらってます。
なかなかコメントなどは残せないのですが楽しく拝見し、
応援(ぽち)してくださった方にはお返しさせていただいています(#^.^#)

当サイトはリンクフリーです。
相互リンクしてくださる犬友さんも大募集中です♪
ブログを通じて色々な方と交流できたら嬉しく思います。

script*KT*

検索フォーム

     

カテゴリ

月別アーカイブ

お気に入りのリンク

オススメサプリ

手作りご飯のトッピングに使っています♪

オススメグッズ

鉛やカドミウムを含まない安全な食器を愛用してます♪

オススメ本

        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

       
QR

ブロとも申請フォーム

あし@

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





これはきのう食べた人用の朝ご飯です。

ほとんどの食材をワンコのご飯とシェアしています





★人ごはんの材料★
サラダ・・・ブロッコリースプラウト、アルファルファ、カイワレ、人参、大豆、葉白菜、冬菜、赤ピーマン、オレンジピーマン、かぶ

手作りドレッシング・・・玄米酢、黒練りゴマ、生醤油、塩麹、亜麻仁油、ボラージ油ローアガベシロップ

高菜のパスタ・・・全粒粉パスタ、豆乳、高菜、玉ねぎ、ニンニク、昆布茶、ベジタブルブイヨン、鷹の爪

その他・・・豆乳ケフィア、無塩トマトジュース


★ワンコご飯の材料★
馬肉、ブロッコリースプラウト、アルファルファ、カイワレ、人参、りんご酢、昆布粉末、豆乳ケフィア、黒すりごま、サンゴカルシウム、葉白菜、冬菜、赤ピーマン、オレンジピーマン、かぶ、ニンニク少量、塩麹極々少量、亜麻仁油、ボラージ油、無塩トマトジュース、関節系サプリ




手作り食の場合、こうして飼い主と食材をシェアすることが当たり前となるので、飼い主に偏食傾向があると、ワンご飯にもその影響が出てくるだろうと考えられます。
飼い主が手軽な加工食品ばかり好む傾向にあれば、当然ワンご飯も加工されたドッグフードやオヤツなどが当たり前となり、添加物や低品質・低栄養による影響が出てくる可能性があります。


一卵性双生児と二卵性双生児の寿命を比較した疫学調査で、人の寿命を決定しているのは25%は遺伝的要因ですが、75%は食生活や生活習慣などの環境要因であることが分かっているそうです。

これはパーセンテージが多少違えど、犬にも当てはまることだと思います。


食生活を大切にし、良い生活習慣を身に付けることでご長寿犬を目指すのであります~


とは言っても、バランスのよい食事を!と躍起になりすぎて神経質になってしまうのは大変なストレスだし、こだわりすぎない柔軟性も大切なことだと思っています


生活習慣についてはまたの機会に書くことにして、今日はうちのワンコたちはこんな感じの食生活をしているよ~というのを書きたいと思います。


今まで作った犬ごはんシリーズとはぜんぜん違うのでビックリしないでくださいね~。
あれらはあくまで、レシピ本に出てくるようなレシピの開発をしてみたかっただけであって、普段のご飯は基本的にはまぜまぜの簡単ご飯です






野菜ペースト








まずは野菜ペーストを作ります。

ビタミンCを破壊してしまう酵素「アスコルビナーゼ」を含んでいるもの(キュウリ、ニンジン、カボチャ、キャベツ、カリフラワー、春菊、バナナ、リンゴなど)を生で使う場合は、りんご酢などのお酢かレモンなどの柑橘類の果汁といっしょにペーストにします。

生で食べれるものは生のまま。加熱したほうがよい野菜類は蒸したりしてからペースト状にしています。

酸化や栄養低下のことを考え、作り置きや冷凍保存などはせず、毎食作るようにしています


アトピーなどのアレルギー疾患がある場合、腸壁に傷がいっぱいあるのだそうです。

傷口から分子の大きな糖や蛋白が通ってしまうとアレルギー反応が出てしまうので、そういったデリケートな胃腸の持ち主は、スムージーよりも繊維を取り除いたジュースであったり、粉末野菜や青汁などを使ったり、生より加熱した野菜などを使われたほうが負担が少なくてよいと思います











3ポメたちのご飯はお肉やお魚が主食です。

約1ヶ月ごとにお肉の種類を変えており、現在は馬、その前は鹿でした。
カンガルー、ターキー、鶏、馬、鹿、羊、豚、牛、ダチョウ、山羊など、色々なお肉を食べてもらっています。

たとえば、鶏肉がアレルゲンでなかったとしても、そればかりを食べ続けると鶏肉にアレルギーが出るようになります

なので鶏肉を1ヶ月ほど食べた次は羊肉を食べさせ、その次はカンガルー、その次は馬、その次は鹿といった感じで鶏肉を次に口にするまで数ヶ月あいだがあくようにします。

その間に鶏肉に対するアレルギー反応数値は低くなるので、再び鶏肉を食べさせるようにします

これは食材循環方式(サイクリック・メソッド)という考え方で、犬のアレルギーの専門医である藤本愛彦氏が推奨している方法で我が家でも採用しています。


状況によって多少前後することもありますが、だいたい肉6 野菜3 穀類1といった割合にしています。

肉や魚は加熱して与えることが多いですが、生食できるものは生で与えます。

週に1度は内蔵類や卵を食べ、週に2回は小魚や鮭、お刺身などを食べます。

非精製食、発酵食品、季節の根・葉・生野菜・豆類・イモ類・海藻・果物・魚、肉など、ワンコにとってのNG食材以外はなんでも食べています


どんなによいものを食べてもそれらの栄養がしっかりと消化・吸収されなければ、身体の負担になったり、ただ通過するだけになってしまうので、食生活を考える上で、「腸内環境を整える」ということはもっとも重要なことだと思います


我が家ではみんなで豆乳ケフィアを毎食後食べ、さまざまな発酵食品を常食し、食物繊維も水溶性・不溶性適量摂るようにし、ビフィズス菌の好きなオリゴ糖を含んだ食品もよく食べるようにしています















出来上がった野菜ペーストをお鍋で温めたお肉にかけ、まぜまぜすれば適温に。
ここにサプリ類やオイルをトッピングして出来上がりです






簡単まぜご飯






サプリメントは最小限にしたいという気持ちがありますが、どうしても不足してしまいがちなミネラル類はトッピングするようにしています。
サプリメントは余計なものが(添加物など)加えられていないものを選ぶようにしています。


オイルやサプリについてもそうだし、まだまだ書きたいことは山ほどあるのですが、とても長くなってしまうのでまたの機会に少しずつ書いていきたいと思います



3ポメたちの最近のご飯は簡単に説明するとこんな感じです。
なにか参考になるような部分があれば幸いです





















おいちかった?









いつも完食ありがとう










人気ブログランキングへ にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。
お帰りの前に↑ポチッと押していただけると嬉しいです


スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

コメント

いや~ん♪美味しそう!!
わんこご飯もとっても興味アリだけど、人間のご飯も興味アリアリデスよ~♪♪♪
そしてこのお皿、とってもカワイイ♪
マネしちゃうかも~o(^▽^)o

うめちゃんへ

ありがとう~。
人もワンコも病気にならない・長寿になりますようにと、勉強し考えて作ってるよ~^^
うん。このお皿はイチオシですよ~。
なんせ、鉛やカドミウムなどの有害物質を一切ふくんでない唯一といっていいお皿だから。
食器の種類ごとに鉛溶出基準という基準があるんだけど、たとえばカップ類では日本=5PPM アメリカ=0.5PPMと日本はかなり甘いんです。
ワンコはお皿を舐めるし身体も小さいし、その分影響が大きくなるでしょ。
だから気をつけてあげるに越したことないと思う^^
オススメアイテムのところにあるフードボウル、これに変えてからお水を飲む量も明らかに増えたよ♪
ワンコは人間よりもかなりそういうのに敏感だねっ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

ご訪問&書き込みありがとうございます^^
長文な上に読みにくい文章を読んでくださってありがとう。
作りたいと思ったときが作るときって思いますよ~。
新しいことってなんでもそうですが、自分でやってみよ~♪と、自発的に思ったときが始め時なのだと思います^^
そのほうがぜったい楽しいですしね♪
私は最近苦手な読書ばかりしています。むずかしし、読むのも人の3倍くらい遅いのですけどね(笑)
でも、楽しいです^^

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。